パン職人になる|調理師専門学校で取得できる資格&学べること

パン職人のための専門教室で効率的に学ぶ

パン職人になる

パン

パン職人になるには

将来は、パン職人になって美味しいパンで多くの人を喜ばせたい、と考える人は多くいます。パン職人になるために特別な資格は必要ありません。調理関係の専門学校に通い、卒業後にパン屋で修行を積むのが一般的な流れです。パン製造技能士という資格もあり、パン職人に絶対必要というわけではありませんが、資格を取得しておくと、修行したいパン屋やパン製造会社に就職しやすくなります。

パン職人になるための学校

近年、パン職人になりたい方のためにパン職人専門の学校もでてきています。パン製造の基本知識を調理場の実習や教室での講義で学ぶことができます。また、パンの作り方だけではなく接客の方法やショップ経営の基本についても勉強することができます。他の調理関係の専門学校に比べて集中的にパン作りについて学べるので、パン職人になりたい若者に人気です。

専門学校と大学の違い

専門学校

パン職人になるために、調理関係の専門学校に通う方は多くいます。専門学校は、講義よりも実習がメインで教える先生はその道のプロが多くいます。

大学

パン職人になるために、調理関係の学部がある大学に通うのも1つの手です。大学では、実習よりも講義がメインで、教える先生は学位を持った教授です。

パン職人に向いている人

早起きが苦ではない人

パン職人は、早起きが欠かせません。一般的に朝の4時頃には起床する必要があります。パン職人になりたければ、朝の早起きを習慣にしておきましょう。

体力がある人

パン職人は、予想以上に体力と筋力を使います。お店の営業中はずっと立ち仕事です。焼きあがったパンをオーブンから出したり、材料の袋をいくつも運んだりと力仕事も多くあります。

人と関わるのが好きな人

パン職人は、パンを購入してくれるお客さんがいなければ商売は成り立ちません。お客さんと楽しく会話できコミュニケーションをとれる能力は必要です。またスタッフとの連携も重要なので、人と関わるのが好きな人はパン職人に向いているといえます。

食品科学に興味がある人

「パン作りは科学」ともいわれるほど、パン作りには科学の知識が欠かせません。感覚でパンを作るのではなく、科学の知識と理論を駆使して美味しいパンを作れるようにしましょう。食品科学の勉強は必須です。

パンが好きな人

なによりも大切なことはパンが好きであることです。パンを食べるのはもちろん、作るのもパンを食べている人の笑顔を見るのも好きな人はパン職人に向いています。パン作りに対して人並みならぬ情熱を持ちましょう。

広告募集中