栄養士を目指している方へ|調理師専門学校で取得できる資格&学べること

専門学校は栄養士になるための一番の近道

栄養士を目指している方へ

調理器具

専門学校で栄養士を目指す

栄養士になるにはいくつかの方法がありますが、一般的な方法が専門学校に通って知識をみにつけてから栄養士の免許を取得する方法です。栄養士のための専門学校では献立作成能力や衛生管理能力、マネジメント能力などを身につけることができます。病院栄養士や保育園栄養士、スポーツ栄養士など働く場所によっても学ぶべきことは変わります。また、専門学校では必要な国家資格の勉強や対策も効率的に行なうことができます。プロの先生たちからアドバイスを聞きながら遠回りすることなく栄養士へ近づくことが可能です。

人気のスポーツ栄養士

スポーツ栄養士は、プロのスポーツ選手やアスリートに栄養や運動の指導を行なうことが仕事です。スポーツ栄養士になるには、栄養士の免許の他にも、栄養管理士の免許も必要になります。そのあとは、アスリートのための栄養管理と食事管理を知るために日本体育協会が開いている講義に参加しなければなりません。この講義を修了すると、公認のスポーツ栄養士になることができます。スポーツ栄養士は、栄養管理が重要なスポーツ選手に指導をおこない、夢を叶えるためのサポートをしてあげる仕事です。責任感が大きいですが、その分やりがいが多くあります。

栄養士が働ける場所

  • 病院
  • 学校
  • 介護施設
  • 保育園
  • 給食会社
  • アスリートが所属する会社

栄養士と管理栄養士の違い

栄養士

栄養士になるには、「栄養士免許」が必要です。栄養士の指導対象は、健康な人々で、給食管理の栄養指導などを行います。栄養管理士に比べると指導できる範囲は広くありません。

栄養管理士

栄養管理士になるには、「栄養管理士免許」が必要です。栄養管理士の指導対象は、健康な人々にくわえて傷病者などに範囲が広がります。栄養士の免許を始めに取る必要があります。

広告募集中