調理師専門学校の入学方法から取得できる資格まで

視野を広げる

将来、パン職人や栄養管理士、パティシエ、フレンチシェフなど料理に携わる仕事に就きたい方は、ここで基本的な知識を学んで視野を広げておきましょう。

調子専門学校の基本

料理

調理師専門学校で学べること

調理師専門学校では、名前の通り、調理師になるために必要なことを学べます。教室では、調理に関する衛生管理や栄養学、調理場では、調理の基本動作や応用の考え方を身につけます。また、調理師といってもパティシエやパン職人、フレンチシェフ、和食料理人など人によって目指す料理人は違うため、目標とする料理人の分野を集中的に学べる学校を選ぶことが大切です。

専門学校の入学までの流れ

専門学校はまず願書受付から始まります。願書を申し込んだら選考が行われます。選考では、面接や作文などの課題が課されます。選考で選ばれると合格となり、入学手続きにすすみます。入学までに教科書や白衣などを購入しておき、入学日にはすぐに座学と実習を行えるような状態にしておきましょう。

取得できる資格

調理師専門学校で取得できる代表的な資格は、「調理師免許」です。調理師専門学校に通うことによって国家試験を免除することができます。また、食品衛生責任者や介護食士などの資格を取得することもできます。調理に関する資格は多いので、学校に通いながら自分に必要な資格を見極めて勉強しておくようにしましょう。

高校からでも調理が学べる

専門学校といえば、高校を卒業して入学するイメージがありますが、高校生としてパティシエの勉強をできる学校も存在します。高校に必要な一般科目の数を最低限に設定して、授業のほとんどを料理の勉強や実習にあてることができます。高校生から料理の基礎を学ぶことで、いち早く夢を叶えることができます。「将来は、パティシエとして日本だけではなく世界でも活躍したい」、という夢に向かって日々頑張っている学生が数多く在籍しています。

授業スタイルを選ぶ

専門学校に通うときは、昼間部か夜間部か選ぶことができます。それぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあるので自分に合った授業スタイルを選んでみましょう。

昼間部と夜間部の違い

昼間部

専門学校の昼間部では、夜間部よりも多くの授業を受けることができ、早い時間に帰宅することが可能です。専門学校では一般的な授業スタイルです。

夜間部

専門学校の夜間部では、昼間部に比べて授業は少なくなる傾向にありますが、夕方~夜から授業が始まるスタイルのため、社会人として仕事をしている方でも通学することができます。

調理のプロになるための記事

調理器具

栄養士を目指している方へ

栄養士の専門学校では、栄養士になるために必要な献立作成能力や衛生管理能力、マネジメント能力などを学ぶことができます。また、国家資格の勉強もすることができます。

READ MORE
パン

パン職人になる

パン職人になるには、忍耐力と豊富な知識、高い技術力が必要です。最近では、パン職人を育てるための専門学校も存在していて効率的にパン作りを学ぶことができます。

READ MORE

[PR]

調理の専門学校に通う資料請求が気軽にできちゃう
パン教室へ通う手に職をつけよう♪
辻調理師専門学校まとめ料理のプロフェッショナルを目指そう! 調理の高校に通うスクールについての案内情報

[PR]

広告募集中